G A L L E R Y   N A R U Y A M A



このメールをご覧になられない方はこちらへ

Click here if you have trouble viewing









「G」


時代が平成になり、LGBTという言葉が世の中に出回る前の日本では、同性愛にまつわる、特有の美学故に隠花植物の様な、愛を表したアートの傑作が数々生まれた。
三島由紀夫との交流から「三島」と名乗った、男性に対するフェティシズムを描いた三島剛、戦前流行歌に唱われる程一世を風靡した高畠華宵、エロスの劇場を繰り広げた金子國義、貧困の末、愛人に刺殺された中山春雄や、長谷川サダオ、田亀源五郎。
大変刺激的な作品でありますが、私共と致しましては是非ご覧頂きたい展示となっています。
一見全く違う作風の作家を一堂に展示する事で、何か特有の世界観が立ち上がるのではないかという試みです。

出品作家

高畠華宵
金子國義
三島剛
長谷川サダオ
大川辰次
月岡弦
山中春雄
矢頭 保
田亀源五郎

「G」
会場:成山画廊
会期:2017年10月14日土曜日から2017年11月18日土曜日 13時から19時
オープニングレセプション 10月14日(土)18時から20時
休廊日 水、日、休日




「G」

In The current Heisei era, a word “LGBT” is used commonly. In the Showa era preceding the current era existed the special aesthetics,born masterpieces expressing love like the flowerless plants.
Go MISHIMA is a painter close to Yukio Mishima. A manly heart, a fetishism you have to be gay. Kasyo TAKABATAKE a beautiful boy,enough to take a generation by storm. Kuniyoshi KANEKO his erotic scenaly to continuously unfold, Haruo YAMANAKA a poor Japanese man stabbed to death by his lover. Also we present Sadao Hasegawa, Gengoro TAGAME e.t.c.
We are very proud to present these stimulating works.
We attempt to show unique view of the world by presenting artists who have different method of the expression.

List of artists

Kasho TAKABATAKE
Kuniyoshi KANEKO
Go MISHIMA
Sadao HASEGAWA
Tatsuji OKAWA
Gen TSUKIOKA
Haruo YAMANAKA
Tamotsu YATO
Gengoro TAGAME

「G」
2017/10/14(Sat) - 2017/11/18(Sat) 13:00-19:00
Opening Reception : 10/14(Sat) 18:00-20:00
Closed on Wed, Sun and Holidays

Gallery Naruyama
#205 Matsuoka Kudan Bldg.,
2-2-8 Kudan-Minami, Chiyoda-ku Tokyo 102-0074 Japan










メール配信解除はこちら / Unsubscribe here