三島 剛




雑誌「さぶ」創刊号表紙 1974年 紙に鉛筆




1924年 神奈川県横須賀生まれ。
少年時代、雑誌の挿し絵で伊藤彦造にひかれる。

1942年 18歳で陸軍に入隊(上官との命がけの恋)。

1945年 終戦。日本が貧しい時代、進駐軍(米国兵)との贅沢な時をおくる。

1955年 ボディビル・ジムで三島由紀夫と出会う。二人で男の裸体画などを遊びで描いていた。この時「三島剛」のペンネームをもらうこの時の絵が切っ掛けとなり、画家の道を歩むファッション・デザイナーや実業家のコレクターが三島の絵を集め始めるヨーロッパにも流れて行った。コレクターに注文で描く事もあった。

1972年 日本初のゲイ・マガジン「薔薇族」創刊。
グラビアページ、小説の挿し絵を担当。

1974年 日本の代表的なゲイ・マガジン「さぶ」創刊。
表紙とグラビアを担当。三島が雑誌名も付けた。「薔薇族」のヨーロッパ調のゲイ・マガジンに対し「さぶ」は男臭さ、短髪、褌、入れ墨、日本刀、切腹という日本男児をテーマとした。三島のイメージをマガジンにしたと言われる。また三島も「さぶ」というメディアを自らのキャンバスとして生涯を終える。

1982年 昭和天皇崩御の3日前、酒の飲み過ぎ、肝臓炎で永眠。

1999年 東京、成山画廊にて初めて展覧会が開催される。

2002年 「さぶ」廃刊。
TOP